万葉集 第2巻 212番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻212番歌はこちらにまとめました。

第2巻 212番歌

第2巻
歌番号212番歌
作者柿本人麻呂
題詞((柿本朝臣人麻呂妻死之後泣血哀慟作歌二首[并短歌])短歌二首)
原文衾道乎 引手乃山尓 妹乎置而 山徑徃者 生跡毛無
訓読衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなし
かなふすまぢを ひきでのやまに いもをおきて やまぢをゆけば いけりともなし
英語(ローマ字)FUSUMADIWO HIKIDENOYAMANI IMOWOOKITE YAMADIWOYUKEBA IKERITOMONASHI
襖を引いて閉めるように妻を葬った山に別れを告げて、山道を行くに生きた心地がしない。
左注
校異
用語挽歌、作者:柿本人麻呂、妻、亡妻挽歌
タイトルとURLをコピーしました