万葉集 第2巻 173番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻173番歌はこちらにまとめました。

第2巻 173番歌

第2巻
歌番号173番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文高光 吾日皇子乃 伊座世者 嶋御門者 不荒有益乎
訓読高照らす我が日の御子のいましせば島の御門は荒れずあらましを
かなたかてらす わがひのみこの いましせば しまのみかどは あれずあらましを
英語(ローマ字)TAKATERASU WAGAHINOMIKONO IMASHISEBA SHIMANOMIKADOHA AREZUARAMASHIWO
わが日嗣ぎの皇子がご健在でいらっしゃれば、島の御殿は荒れなかっただろうに。
左注(右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました