万葉集 第2巻 172番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻172番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 172番歌

第2巻
歌番号172番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文嶋宮 上池有 放鳥 荒備勿行 君不座十方
訓読嶋の宮上の池なる放ち鳥荒びな行きそ君座さずとも
かなしまのみや うへのいけなる はなちとり あらびなゆきそ きみまさずとも
英語(ローマ字)SHIMANOMIYA UHENOIKENARU HANACHITORI ARABINAYUKISO KIMIMASAZUTOMO
島の宮のまがりの池に放った鳥、自然化しないでおくれ。ご主君がいらっしゃらなくても。
左注(右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました