万葉集 第2巻 197番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻197番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 197番歌

第2巻
歌番号197番歌
作者柿本人麻呂
題詞(明日香皇女木P殯宮之時柿本<朝臣>人麻呂作歌一首[并短歌])短歌二首
原文明日香川 四我良美渡之 塞益者 進留水母 能杼尓賀有萬思 [一云 水乃与杼尓加有益]
訓読明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水ものどにかあらまし [一云 水の淀にかあらまし]
かなあすかがは しがらみわたし せかませば ながるるみづも のどにかあらまし [みづの よどにかあらまし]
英語(ローマ字)ASUKAGAHA SHIGARAMIWATASHI SEKAMASEBA NAGARURUMIDUMO NODONIKAARAMASHI [MIDUNO YODONIKAARAMASHI]
激しい明日香川の流れをしがらみで塞きとめることが出来れば、(その急流のような皇子様)の悲しみものどかになるだろうに。
左注
校異
用語挽歌、作者:柿本人麻呂、明日香皇女、殯宮、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました