万葉集 第2巻 146番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻146番歌はこちらにまとめました。

第2巻 146番歌

第2巻
歌番号 146番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 大寶元年辛丑幸于紀伊國時<見>結松歌一首 [柿本朝臣人麻呂歌集中出也]
原文 後将見跡 君之結有 磐代乃 子松之宇礼乎 又将見香聞
訓読 後見むと君が結べる磐代の小松がうれをまたも見むかも
かな のちみむと きみがむすべる いはしろの こまつがうれを またもみむかも
英語(ローマ字) NOCHIMIMUTO KIMIGAMUSUBERU IHASHIRONO KOMATSUGAUREWO MATAMOMIMUKAMO
後で見ようと皇子が結んだ岩代の小松の梢(こずえ)を私も見ることになるでしょうか。(さぞかしご無念だったでしょうね)
左注
校異
用語 挽歌、柿本人麻呂歌集、結び松、和歌山、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました