万葉集 第2巻 145番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻145番歌はこちらにまとめました。

第2巻 145番歌

第2巻
歌番号 145番歌
作者 山上憶良
題詞 山上臣憶良追和歌一首
原文 鳥翔成 有我欲比管 見良目杼母 人社不知 松者知良武
訓読 鳥翔成あり通ひつつ見らめども人こそ知らね松は知るらむ
かな あまがけり ありがよひつつ みらめども ひとこそしらね まつはしるらむ
英語(ローマ字) AMAGAKERI ARIGAYOHITSUTSU MIRAMEDOMO HITOKOSOSHIRANE MATSUHASHIRURAMU
翔る鳥になって皇子は常に飛び回りながら見ておられるが、われわれ人には分からないけれど、松は知っていることだろう。
左注 右件歌等雖不挽柩之時所作<准>擬歌意 故以載于挽歌類焉
校異
用語 挽歌、作者:山上憶良、追和、長意吉麻呂、有間皇子、結び松、宴席、行幸、難訓、植物
タイトルとURLをコピーしました