万葉集 第2巻 129番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻129番歌はこちらにまとめました。

第2巻 129番歌

第2巻
歌番号 129番歌
作者 石川女郎
題詞 大<津>皇子宮侍石川女郎贈大伴宿祢宿奈麻呂歌一首 [女郎字曰山田郎女也宿奈麻呂宿祢者大納言兼大将軍卿之第三子也]
原文 古之 嫗尓為而也 如此許 戀尓将沈 如手童兒 [戀乎<大>尓忍金手武多和良波乃如]
訓読 古りにし嫗にしてやかくばかり恋に沈まむ手童のごと [恋をだに忍びかねてむ手童のごと]
かな ふりにし おみなにしてや かくばかり こひにしづまむ たわらはのごと [こひをだに しのびかねてむ たわらはのごと]
英語(ローマ字) FURINISHI OMINANISHITEYA KAKUBAKARI KOHINISHIDUMAMU TAWARAHANOGOTO [KOHIWODANI SHINOBIKANETEMU TAWARAHANOGOTO]
もう老女の身なのに恋に沈むとはまるで幼女みたいですねえ。
左注
校異 伴 津 [元][古][紀] / 大 [紀][温][矢] 太
用語 相聞、作者:石川女郎、大伴宿奈麻呂、大津皇子、山田郎女、恋歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました