万葉集 第2巻 201番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻201番歌はこちらにまとめました。

第2巻 201番歌

第2巻
歌番号 201番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((高市皇子尊城上殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])短歌二首)
原文 <埴>安乃 池之堤之 隠沼乃 去方乎不知 舎人者迷惑
訓読 埴安の池の堤の隠り沼のゆくへを知らに舎人は惑ふ
かな はにやすの いけのつつみの こもりぬの ゆくへをしらに とねりはまとふ
英語(ローマ字) HANIYASUNO IKENOTSUTSUMINO KOMORINUNO YUKUHEWOSHIRANI TONERIHAMATOFU
埴安の池の堤の隠り沼どこへ流れていけばいいのか主君を失って惑(まど)うばかり。
左注
校異 垣 埴 [紀]
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、高市皇子、殯宮、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました