万葉集 第2巻 106番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻106番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 106番歌

第2巻
歌番号106番歌
作者大伯皇女
題詞(大津皇子竊下於伊勢神宮上来時大伯皇女御作歌二首)
原文二人行杼 去過難寸 秋山乎 如何君之 獨越武
訓読ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ
かなふたりゆけど ゆきすぎかたき あきやまを いかにかきみが ひとりこゆらむ
英語(ローマ字)FUTARIYUKEDO YUKISUGIKATAKI AKIYAMAWO IKANIKAKIMIGA HITORIKOYURAMU
二人で越えても難渋する秋の山をあなたはたった一人で越えていることでしょうか。
左注
校異
用語相聞、作者:大伯皇女、大津皇子、伊勢神宮、悲劇、歌語り、斎宮、見送り、羈旅、三重、地名
タイトルとURLをコピーしました