万葉集 第2巻 217番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻217番歌はこちらにまとめました。

第2巻 217番歌

第2巻
歌番号 217番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 吉備津釆女死時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌]
原文 秋山 下部留妹 奈用竹乃 騰遠依子等者 何方尓 念居可 栲紲之 長命乎 露己曽婆 朝尓置而 夕者 消等言 霧己曽婆 夕立而 明者 失等言 梓弓 音聞吾母 髣髴見之 事悔敷乎 布栲乃 手枕纒而 劔刀 身二副寐價牟 若草 其嬬子者 不怜弥可 念而寐良武 悔弥可 念戀良武 時不在 過去子等我 朝露乃如也 夕霧乃如也
訓読 秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる子らは いかさまに 思ひ居れか 栲縄の 長き命を 露こそば 朝に置きて 夕は 消ゆといへ 霧こそば 夕に立ちて 朝は 失すといへ 梓弓 音聞く我れも おほに見し こと悔しきを 敷栲の 手枕まきて 剣太刀 身に添へ寝けむ 若草の その嬬の子は 寂しみか 思ひて寝らむ 悔しみか 思ひ恋ふらむ 時ならず 過ぎにし子らが 朝露のごと 夕霧のごと
かな あきやまの したへるいも なよたけの とをよるこらは いかさまに おもひをれか たくなはの ながきいのちを つゆこそば あしたにおきて ゆふへは きゆといへ きりこそば ゆふへにたちて あしたは うすといへ あづさゆみ おときくわれも おほにみし ことくやしきを しきたへの たまくらまきて つるぎたち みにそへねけむ わかくさの そのつまのこは さぶしみか おもひてぬらむ くやしみか おもひこふらむ ときならず すぎにしこらが あさつゆのごと ゆふぎりのごと
英語(ローマ字) AKIYAMANO SHITAHERUIMO NAYOTAKENO TOWOYORUKORAHA IKASAMANI OMOHIWOREKA TAKUNAHANO NAGAKIINOCHIWO TSUYUKOSOBA ASHITANIOKITE YUFUHEHA KIYUTOIHE KIRIKOSOBA YUFUHENITACHITE ASHITAHA USUTOIHE ADUSAYUMI OTOKIKUWAREMO OHONIMISHI KOTOKUYASHIKIWO SHIKITAHENO TAMAKURAMAKITE TSURUGITACHI MINISOHENEKEMU WAKAKUSANO SONOTSUMANOKOHA SABUSHIMIKA OMOHITENURAMU KUYASHIMIKA OMOHIKOFURAMU TOKINARAZU SUGINISHIKORAGA ASATSUYUNOGOTO YUFUGIRINOGOTO
秋山のように色づき、なよなよした竹のようにしなやかな乙女。どう思ってかその長い命を、朝に置いても夕方には消える露のように、夕方に立ったかと思うと朝には消えてなくなる霧のように、はかなく消えてしまった。世を去ったという知らせを何気なく受けた私でさえ、(にわかに信じられなく)悔しかったのに。まして、手枕を巻いてぴったり寄り添って共寝した、彼女の夫は一人寂しく寝ることになってどんなに悔しく恋しい思いをしていることだろう。時ならず、朝露のように、夕霧のように、この世を去ってしまったその子を思って。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、吉備津采女、枕詞
タイトルとURLをコピーしました