万葉集 第2巻 205番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻205番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 205番歌

第2巻
歌番号205番歌
作者置始東人
題詞(弓削皇子薨時置始東人<作>歌一首[并短歌])反歌一首
原文王者 神西座者 天雲之 五百重之下尓 隠賜奴
訓読大君は神にしませば天雲の五百重が下に隠りたまひぬ
かなおほきみは かみにしませば あまくもの いほへがしたに かくりたまひぬ
英語(ローマ字)OHOKIMIHA KAMINISHIMASEBA AMAKUMONO IHOHEGASHITANI KAKURITAMAHINU
大君は神でいらっしゃるから幾重にも雲が重なる向こうにお隠れになった。
左注
校異
用語挽歌、作者:置始東人、弓削皇子、殯宮、現人神
タイトルとURLをコピーしました