万葉集 第2巻 168番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻168番歌はこちらにまとめました。

第2巻 168番歌

第2巻
歌番号 168番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (日並皇子尊殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])反歌二首
原文 久堅乃 天見如久 仰見之 皇子乃御門之 荒巻惜毛
訓読 ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子の御門の荒れまく惜しも
かな ひさかたの あめみるごとく あふぎみし みこのみかどの あれまくをしも
英語(ローマ字) HISAKATANO AMEMIRUGOTOKU AFUGIMISHI MIKONOMIKADONO AREMAKUWOSHIMO
遠く遙かな空の彼方を見るように、仰ぎ見た皇子の御門が荒れていかなければいいが。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、草壁皇子、殯宮挽歌、異伝、高市皇子、枕詞
タイトルとURLをコピーしました