万葉集 第2巻 169番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻169番歌はこちらにまとめました。

第2巻 169番歌

第2巻
歌番号 169番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((日並皇子尊殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 茜刺 日者雖照者 烏玉之 夜渡月之 隠良久惜毛
訓読 あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも
かな あかねさす ひはてらせれど ぬばたまの よわたるつきの かくらくをしも
英語(ローマ字) AKANESASU HIHATERASEREDO NUBATAMANO YOWATARUTSUKINO KAKURAKUWOSHIMO
日(天皇)は輝かしく照っているが、夜渡っていく月が雲に隠れるのは惜しいことだ。
左注 [<或本>以件歌為後皇子尊殯宮之時歌反也]
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、草壁皇子、殯宮挽歌、異伝、高市皇子、枕詞
タイトルとURLをコピーしました