万葉集 第2巻 170番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻170番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 170番歌

第2巻
歌番号170番歌
作者柿本人麻呂
題詞(日並皇子尊殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])或本歌一首
原文嶋宮 勾乃池之 放鳥 人目尓戀而 池尓不潜
訓読嶋の宮まがりの池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜かず
かなしまのみや まがりのいけの はなちとり ひとめにこひて いけにかづかず
英語(ローマ字)SHIMANOMIYA MAGARINOIKENO HANACHITORI HITOMENIKOHITE IKENIKADUKAZU
島の宮のまがりの池に放った鳥、人の目を気にして潜ろうとしない。
左注
校異
用語挽歌、作者:柿本人麻呂、草壁皇子、殯宮挽歌、或本、異伝、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました