万葉集 第2巻 98番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻98番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 98番歌

第2巻
歌番号98番歌
作者石川郎女
題詞(久米禅師娉石川郎女時歌五首)
原文梓弓 引者随意 依目友 後心乎 知勝奴鴨 [郎女]
訓読梓弓引かばまにまに寄らめども後の心を知りかてぬかも [郎女]
かなあづさゆみ ひかばまにまに よらめども のちのこころを しりかてぬかも
英語(ローマ字)ADUSAYUMI HIKABAMANIMANI YORAMEDOMO NOCHINOKOKOROWO SHIRIKATENUKAMO
弓をおかまえになっただけの状態で嫁いだら不安ですわ。あなたの後の心が。
左注
校異
用語相聞、作者:石川郎女、久米禅師、歌垣、掛け合い歌、比喩
タイトルとURLをコピーしました