万葉集 第2巻 142番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻142番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 142番歌

第2巻
歌番号142番歌
作者有間皇子
題詞(有間皇子自傷結松枝歌二首)
原文家有者 笥尓盛飯乎 草枕 旅尓之有者 椎之葉尓盛
訓読家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
かないへにあれば けにもるいひを くさまくら たびにしあれば しひのはにもる
英語(ローマ字)IHENIAREBA KENIMORUIHIWO KUSAMAKURA TABINISHIAREBA SHIHINOHANIMORU
家にいればご飯を立派な笥(け)に盛って生活していたのに、旅の途次なので椎の葉に盛る。
左注(右件歌等雖不挽柩之時所作<准>擬歌意 故以載于挽歌類焉)
校異
用語挽歌、作者:有間皇子、手向け、羈旅、鎮魂、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました