万葉集 第2巻 162番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻162番歌はこちらにまとめました。

第2巻 162番歌

第2巻
歌番号 162番歌
作者 持統天皇
題詞 天皇崩之後八年九月九日奉為御齊會之夜夢裏習賜御歌一首 [古歌集中出]
原文 明日香能 清御原乃宮尓 天下 所知食之 八隅知之 吾大王 高照 日之皇子 何方尓 所念食可 神風乃 伊勢能國者 奥津藻毛 靡足波尓 塩氣能味 香乎礼流國尓 味凝 文尓乏寸 高照 日之御子
訓読 明日香の 清御原の宮に 天の下 知らしめしし やすみしし 我が大君 高照らす 日の御子 いかさまに 思ほしめせか 神風の 伊勢の国は 沖つ藻も 靡みたる波に 潮気のみ 香れる国に 味凝り あやにともしき 高照らす 日の御子
かな あすかの きよみのみやに あめのした しらしめしし やすみしし わがおほきみ たかてらす ひのみこ いかさまに おもほしめせか かむかぜの いせのくには おきつもも なみたるなみに しほけのみ かをれるくにに うまこり あやにともしき たかてらす ひのみこ
英語(ローマ字) ASUKANO KIYOMINOMIYANI AMENOSHITA SHIRASHIMESHISHI YASUMISHISHI WAGAOHOKIMI TAKATERASU HINOMIKO IKASAMANI OMOHOSHIMESEKA KAMUKAZENO ISENOKUNIHA OKITSUMOMO NAMITARUNAMINI SHIHOKENOMI KAWORERUKUNINI UMAKORI AYANITOMOSHIKI TAKATERASU HINOMIKO
明日香の清御原の宮で天下を治められたわれらが大君、日の御子。どのように思し召してか、神風の吹く伊勢の国の、沖の藻が波に漂い、塩気のみが香る国に行かれたものやら。味凝りのようにお慕わしゅうございます。高照らす日の御子。
左注
校異
用語 挽歌、作者:持統天皇、天武天皇、夢、古歌集、復活、枕詞
タイトルとURLをコピーしました