万葉集 第2巻 161番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻161番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 161番歌

第2巻
歌番号161番歌
作者持統天皇
題詞(一書曰天皇崩之時太上天皇御製歌二首)
原文向南山 陳雲之 青雲之 星離去 月<矣>離而
訓読北山にたなびく雲の青雲の星離り行き月を離れて
かなきたやまに たなびくくもの あをくもの ほしさかりゆき つきをはなれて
英語(ローマ字)KITAYAMANI TANABIKUKUMONO AWOKUMONO HOSHISAKARIYUKI TSUKIWOHANARETE
神山にたなびいていた青雲が星から離れ、月からも離れていく。
左注
校異牟 矣 [金][紀]
用語挽歌、作者:持統天皇、天武天皇、難解、一書
タイトルとURLをコピーしました