万葉集 第2巻 179番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻179番歌はこちらにまとめました。

第2巻 179番歌

第2巻
歌番号 179番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 橘之 嶋宮尓者 不飽鴨 佐<田>乃岡邊尓 侍宿為尓徃
訓読 橘の嶋の宮には飽かぬかも佐田の岡辺に侍宿しに行く
かな たちばなの しまのみやには あかぬかも さだのをかへに とのゐしにゆく
英語(ローマ字) TACHIBANANO SHIMANOMIYANIHA AKANUKAMO SADANOWOKAHENI TONOゐSHINIYUKU
橘の島の宮にお仕えするだけで足りなかったのだろうか。佐田の岡辺に警護に通うことになろうとは。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異 多 田 [類][紀][温]
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました