万葉集 第2巻 153番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻153番歌はこちらにまとめました。

第2巻 153番歌

第2巻
歌番号 153番歌
作者 倭皇后
題詞 <太>后御歌一首
原文 鯨魚取 淡海乃海乎 奥放而 榜来船 邊附而 榜来船 奥津加伊 痛勿波祢曽 邊津加伊 痛莫波祢曽 若草乃 嬬之 念鳥立
訓読 鯨魚取り 近江の海を 沖放けて 漕ぎ来る船 辺付きて 漕ぎ来る船 沖つ櫂 いたくな撥ねそ 辺つ櫂 いたくな撥ねそ 若草の 夫の 思ふ鳥立つ
かな いさなとり あふみのうみを おきさけて こぎきたるふね へつきて こぎくるふね おきつかい いたくなはねそ へつかい いたくなはねそ わかくさの つまの おもふとりたつ
英語(ローマ字) ISANATORI AFUMINOUMIWO OKISAKETE KOGIKITARUFUNE HETSUKITE KOGIKURUFUNE OKITSUKAI ITAKUNAHANESO HETSUKAI ITAKUNAHANESO WAKAKUSANO TSUMANO OMOFUTORITATSU
近江の海(琵琶湖)の遙かな沖を漕ぎ来る船、岸近く漕ぎ来る船。漕ぐ櫂で沖の波を強く立たすな。岸近くの波を強く立たすな。若草のような夫が思う鳥が飛び立つではないか。
左注
校異
用語 挽歌、作者:倭皇后、天智天皇、鎮魂、近江朝挽歌、大津、滋賀県、地名
タイトルとURLをコピーしました