万葉集 第2巻 96番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻96番歌はこちらにまとめました。

第2巻 96番歌

第2巻
歌番号 96番歌
作者 久米禅師
題詞 久米禅師娉石川郎女時歌五首
原文 水薦苅 信濃乃真弓 吾引者 宇真人<佐>備而 不欲常将言可聞 [禅師]
訓読 み薦刈る信濃の真弓我が引かば貴人さびていなと言はむかも [禅師]
かな みこもかる しなぬのまゆみ わがひかば うまひとさびて いなといはむかも
英語(ローマ字) MIKOMOKARU SHINANUNOMAYUMI WAGAHIKABA UMAHITOSABITE INATOIHAMUKAMO
信濃の弓をつがえて私が恋の矢を放っても、貴人じみたあなたは否と言うだろうな。
左注
校異 作 佐 [元][金][類]
用語 相聞、作者:久米禅師、石川郎女、歌垣、求婚、掛け合い歌、枕詞、比喩
タイトルとURLをコピーしました