万葉集 第2巻 188番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻188番歌はこちらにまとめました。

第2巻 188番歌

第2巻
歌番号 188番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 <旦>覆 日之入去者 御立之 嶋尓下座而 嘆鶴鴨
訓読 朝ぐもり日の入り行けばみ立たしの島に下り居て嘆きつるかも
かな あさぐもり ひのいりゆけば みたたしの しまにおりゐて なげきつるかも
英語(ローマ字) ASAGUMORI HINOIRIYUKEBA MITATASHINO SHIMANIORIゐTE NAGEKITSURUKAMO
朝曇りで太陽が隠れているので、生前の皇子がおられた島にやってきて嘆いています。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異 且 旦 [金][類][古][紀]
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました