万葉集 第2巻 184番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻184番歌はこちらにまとめました。

第2巻 184番歌

第2巻
歌番号 184番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 東乃 多藝能御門尓 雖伺侍 昨日毛今日毛 召言毛無
訓読 東のたぎの御門に侍へど昨日も今日も召す言もなし
かな ひむがしの たぎのみかどに さもらへど きのふもけふも めすこともなし
英語(ローマ字) HIMUGASHINO TAGINOMIKADONI SAMORAHEDO KINOFUMOKEFUMO MESUKOTOMONASHI
東のたぎの御門に近侍しているが、昨日も今日も召される言葉もない。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました