万葉集 第2巻 118番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻118番歌はこちらにまとめました。

第2巻 118番歌

第2巻
歌番号 118番歌
作者 舎人娘子
題詞 舎人娘子奉和歌一首
原文 <嘆>管 大夫之 戀礼許曽 吾髪結乃 漬而奴礼計礼
訓読 嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が髪結ひの漬ちてぬれけれ
かな なげきつつ ますらをのこの こふれこそ わがかみゆひの ひちてぬれけれ
英語(ローマ字) NAGEKITSUTSU MASURAWONOKONO KOFUREKOSO WAGAKAMIYUHINO HICHITENUREKERE
嘆きながら殿方が恋して下さるので、結わえてある私の髪が(涙で)ぐっしょり濡れてしまいましたわ。
左注
校異 歎 嘆 [元][金] / 髪結 [元] 結髪
用語 相聞、作者:舎人娘子、大夫、恋愛
タイトルとURLをコピーしました