万葉集 第2巻 118番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻118番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 118番歌

第2巻
歌番号118番歌
作者舎人娘子
題詞舎人娘子奉和歌一首
原文<嘆>管 大夫之 戀礼許曽 吾髪結乃 漬而奴礼計礼
訓読嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が髪結ひの漬ちてぬれけれ
かななげきつつ ますらをのこの こふれこそ わがかみゆひの ひちてぬれけれ
英語(ローマ字)NAGEKITSUTSU MASURAWONOKONO KOFUREKOSO WAGAKAMIYUHINO HICHITENUREKERE
嘆きながら殿方が恋して下さるので、結わえてある私の髪が(涙で)ぐっしょり濡れてしまいましたわ。
左注
校異歎 嘆 [元][金] / 髪結 [元] 結髪
用語相聞、作者:舎人娘子、大夫、恋愛
タイトルとURLをコピーしました