万葉集 第2巻 110番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻110番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 110番歌

第2巻
歌番号110番歌
作者日並皇子(草壁皇子)
題詞日並皇子尊贈賜石川女郎御歌一首 [女郎字曰大名兒也]
原文大名兒 彼方野邊尓 苅草乃 束之間毛 吾忘目八
訓読大名児を彼方野辺に刈る草の束の間も我れ忘れめや
かなおほなこを をちかたのへに かるかやの つかのあひだも われわすれめや
英語(ローマ字)OHONAKOWO WOCHIKATANOHENI KARUKAYANO TSUKANOAHIDAMO WAREWASUREMEYA
大名兒が彼方の野辺で草を刈って束にしている。その草束ではないが、束の間も彼女のことが忘れられようか。
左注
校異
用語相聞、作者:日並皇子:草壁皇子、石川郎女、大津皇子、大名兒、歌語り、序詞、植物
タイトルとURLをコピーしました