万葉集 第2巻 190番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻190番歌はこちらにまとめました。

第2巻 190番歌

第2巻
歌番号190番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文真木柱 太心者 有之香杼 此吾心 鎮目金津毛
訓読真木柱太き心はありしかどこの我が心鎮めかねつも
かなまきばしら ふときこころは ありしかど このあがこころ しづめかねつも
英語(ローマ字)MAKIBASHIRA FUTOKIKOKOROHA ARISHIKADO KONOAGAKOKORO SHIDUMEKANETSUMO
自分はこの柱のようにどっしり構えていたつもりだが、皇子亡き今は、動揺が隠せない。
左注(右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました