万葉集 第2巻 158番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻158番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 158番歌

第2巻
歌番号158番歌
作者高市皇子
題詞(十市皇女薨時高市皇子尊御作歌三首)
原文山振之 立儀足 山清水 酌尓雖行 道之白鳴
訓読山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく
かなやまぶきの たちよそひたる やましみづ くみにゆかめど みちのしらなく
英語(ローマ字)YAMABUKINO TACHIYOSOHITARU YAMASHIMIDU KUMINIYUKAMEDO MICHINOSHIRANAKU
まっ黄色な山吹の花々に彩られた山清水(泉)に水くみに行きたいのだが道が分からない。
左注紀曰七年<戊>寅夏四月丁亥朔癸巳十市皇女卒然病發薨於宮中
校異
用語挽歌、作者:高市皇子、十市皇女、難訓、夢、復活、山中他界
スポンサーリンク

解説

山吹は鮮やかな黄色い花。山清水は泉。つまり古事記や日本書紀にあるような黄泉(よみ)の国(死者の国)が想像される。  左注は「紀にはこう記されている。天武7年(戊寅年)夏4月、丁亥の日を朔(ついたち:1日のこと)とする癸巳の日(7日目)に十市皇女突然病を発し宮中で亡くなる」とある。

タイトルとURLをコピーしました