万葉集 第2巻 159番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻159番歌はこちらにまとめました。

第2巻 159番歌

第2巻
歌番号 159番歌
作者 持統天皇
題詞 天皇崩之時大后御作歌一首
原文 八隅知之 我大王之 暮去者 召賜良之 明来者 問賜良志 神岳乃 山之黄葉乎 今日毛鴨 問給麻思 明日毛鴨 召賜萬旨 其山乎 振放見乍 暮去者 綾哀 明来者 裏佐備晩 荒妙乃 衣之袖者 乾時文無
訓読 やすみしし 我が大君の 夕されば 見したまふらし 明け来れば 問ひたまふらし 神岳の 山の黄葉を 今日もかも 問ひたまはまし 明日もかも 見したまはまし その山を 振り放け見つつ 夕されば あやに悲しみ 明け来れば うらさび暮らし 荒栲の 衣の袖は 干る時もなし
かな やすみしし わがおほきみの ゆふされば めしたまふらし あけくれば とひたまふらし かむおかの やまのもみちを けふもかも とひたまはまし あすもかも めしたまはまし そのやまを ふりさけみつつ ゆふされば あやにかなしみ あけくれば うらさびくらし あらたへの ころものそでは ふるときもなし
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGAOHOKIMINO YUFUSAREBA MESHITAMAFURASHI AKEKUREBA TOHITAMAFURASHI KAMUOKANO YAMANOMOMICHIWO KEFUMOKAMO TOHITAMAHAMASHI ASUMOKAMO MESHITAMAHAMASHI SONOYAMAWO FURISAKEMITSUTSU YUFUSAREBA AYANIKANASHIMI AKEKUREBA URASABIKURASHI ARATAHENO KOROMONOSODEHA FURUTOKIMONASHI
(お亡くなりになった)大君は夕方にはご覧になっている。夜明けにはきっとお尋ねになっている。神の山の黄葉を。もしも生きておられたら、今日もまたその黄葉のことをお尋ねになり、明日もまたご覧になられるだろう。神の山を振り仰いで見ながら、夕方になるとむしょうに悲しくなり、夜明けになるとうらさびしい日を迎え、荒栲の(白い)着物の袖は乾く間もありません。
左注
校異
用語 挽歌、作者:持統天皇、天武天皇、殯宮、飛鳥、地名、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました