万葉集 第2巻 200番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻200番歌はこちらにまとめました。

第2巻 200番歌

第2巻
歌番号 200番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (高市皇子尊城上殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])短歌二首
原文 久堅之 天所知流 君故尓 日月毛不知 戀渡鴨
訓読 ひさかたの天知らしぬる君故に日月も知らず恋ひわたるかも
かな ひさかたの あめしらしぬる きみゆゑに ひつきもしらず こひわたるかも
英語(ローマ字) HISAKATANO AMESHIRASHINURU KIMIYUゑNI HITSUKIMOSHIRAZU KOHIWATARUKAMO
天をお治めになる筈だった大君。いつの間にか月日が流れていくが、私たち臣下はずっと皇子様をお慕いしています。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、高市皇子、殯宮、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました