万葉集 第2巻 120番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻120番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 120番歌

第2巻
歌番号120番歌
作者弓削皇子
題詞(弓削皇子思紀皇女御歌四首)
原文吾妹兒尓 戀乍不有者 秋芽之 咲而散去流 花尓有猿尾
訓読我妹子に恋ひつつあらずは秋萩の咲きて散りぬる花にあらましを
かなわぎもこに こひつつあらずは あきはぎの さきてちりぬる はなにあらましを
英語(ローマ字)WAGIMOKONI KOHITSUTSUARAZUHA AKIHAGINO SAKITECHIRINURU HANANIARAMASHIWO
彼女に恋い焦がれ悶々としているくらいなら、たとえいっときでも咲いて散る秋萩になりたい。
左注
校異
用語相聞、作者:弓削皇子、紀皇女、恋歌、磐姫皇后歌、反実仮想、散る花、植物
タイトルとURLをコピーしました