万葉集 第2巻 202番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻202番歌はこちらにまとめました。

第2巻 202番歌

第2巻
歌番号 202番歌
作者 桧隈女王
題詞 (高市皇子尊城上殯宮之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])或書反歌一首
原文 哭澤之 神社尓三輪須恵 雖祷祈 我王者 高日所知奴
訓読 哭沢の神社に三輪据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬ
かな なきさはの もりにみわすゑ いのれども わがおほきみは たかひしらしぬ
英語(ローマ字) NAKISAHANO MORINIMIWASUゑ INOREDOMO WAGAOHOKIMIHA TAKAHISHIRASHINU
泣沢の神社に御神酒を捧げて皇子のご無事を祈ったけれど皇子は天に上られて天を治めておられる。
左注 右一首類聚歌林曰 桧隈女王怨泣澤神社之歌也 案日本紀<云>十年丙申秋七月辛丑朔庚戌後<皇子>尊薨
校異
用語 挽歌、作者:桧隈女王、高市皇子、殯宮、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました