万葉集 第2巻 203番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻203番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 203番歌

第2巻
歌番号203番歌
作者穂積皇子
題詞但馬皇女薨後穂積皇子冬日雪落遥望御墓悲傷流涕御作歌一首
原文零雪者 安播尓勿落 吉隠之 猪養乃岡之 塞為巻尓
訓読降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の塞なさまくに
かなふるゆきは あはになふりそ よなばりの ゐかひのをかの せきなさまくに
英語(ローマ字)FURUYUKIHA AHANINAFURISO YONABARINO ゐKAHINOWOKANO SEKINASAMAKUNI
雪よ多く降り注がないでおくれ。吉隠(よなばり)の猪養(ゐかひ)の岡の皇女が寒かろうに。
左注
校異塞 [金](塙)(楓) 寒 / 為 [桧嬬手](塙)(楓) 有
用語挽歌、作者:穂積皇子、但馬皇女、初瀬、名張、地名
タイトルとURLをコピーしました