万葉集 第2巻 204番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻204番歌はこちらにまとめました。

第2巻 204番歌

第2巻
歌番号 204番歌
作者 置始東人
題詞 弓削皇子薨時置始東人<作>歌一首[并短歌]
原文 安見知之 吾王 高光 日之皇子 久堅乃 天宮尓 神随 神等座者 其乎霜 文尓恐美 晝波毛 日之盡 夜羽毛 夜之盡 臥居雖嘆 飽不足香裳
訓読 やすみしし 我が大君 高照らす 日の御子 ひさかたの 天つ宮に 神ながら 神といませば そこをしも あやに畏み 昼はも 日のことごと 夜はも 夜のことごと 伏し居嘆けど 飽き足らぬかも
かな やすみしし わがおほきみ たかてらす ひのみこ ひさかたの あまつみやに かむながら かみといませば そこをしも あやにかしこみ ひるはも ひのことごと よるはも よのことごと ふしゐなげけど あきたらぬかも
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGAOHOKIMI TAKATERASU HINOMIKO HISAKATANO AMATSUMIYANI KAMUNAGARA KAMITOIMASEBA SOKOWOSHIMO AYANIKASHIKOMI HIRUHAMO HINOKOTOGOTO YORUHAMO YONOKOTOGOTO FUSHIゐNAGEKEDO AKITARANUKAMO
高照らす天皇の皇子でいらっしゃるわれらが皇子は天宮に恐れ多くも神のままおいでになられた。非常に悲しく、昼は昼中、夜は夜中、伏して嘆いているがいつまでたっても嘆き足りない。
左注
校異
用語 挽歌、作者:置始東人、弓削皇子、殯宮、枕詞
タイトルとURLをコピーしました