万葉集 第2巻 100番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻100番歌はこちらにまとめました。

第2巻 100番歌

第2巻
歌番号 100番歌
作者 久米禅師
題詞 (久米禅師娉石川郎女時歌五首)
原文 東人之 荷向篋乃 荷之緒尓毛 妹情尓 乗尓家留香問 [禅師]
訓読 東人の荷前の箱の荷の緒にも妹は心に乗りにけるかも [禅師]
かな あづまひとの のさきのはこの にのをにも いもはこころに のりにけるかも
英語(ローマ字) ADUMAHITONO NOSAKINOHAKONO NINOWONIMO IMOHAKOKORONI NORINIKERUKAMO
東国から届く初荷のしっかりした紐のように、彼女は私の心にしっかり結びつけられたよ。
左注
校異 問 [元][類] 聞
用語 相聞、作者:久米禅師、石川郎女、歌垣、掛け合い歌、序詞
タイトルとURLをコピーしました