万葉集 第2巻 88番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻88番歌はこちらにまとめました。

第2巻 88番歌

第2巻
歌番号88番歌
作者磐姫皇后
題詞(相聞 / 難波高津宮御宇天皇代 [大鷦鷯天皇 謚曰仁徳天皇] / 磐姫皇后思天皇御作歌四首)
原文秋田之 穂上尓霧相 朝霞 何時邊乃方二 我戀将息
訓読秋の田の穂の上に霧らふ朝霞いつへの方に我が恋やまむ
かなあきのたの ほのへにきらふ あさかすみ いつへのかたに あがこひやまむ
英語(ローマ字)AKINOTANO HONOHENIKIRAFU ASAKASUMI ITSUHENOKATANI AGAKOHIYAMAMU
秋の田の稲穂にかかる一面のあさ霞、どちらの方向に向かって恋続ければこの思いが止むことでしょう。
左注
校異
用語相聞、仁徳天皇、作者:磐姫皇后、律令、情詩、閨房詩、大阪、伝承、仮託、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました