万葉集 第2巻 89番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻89番歌はこちらにまとめました。

第2巻 89番歌

第2巻
歌番号 89番歌
作者 磐姫皇后
題詞 (相聞 / 難波高津宮御宇天皇代 [大鷦鷯天皇 謚曰仁徳天皇] / 磐姫皇后思天皇御作歌四首)或本歌曰
原文 居明而 君乎者将待 奴婆珠<能> 吾黒髪尓 霜者零騰文
訓読 居明かして君をば待たむぬばたまの我が黒髪に霜は降るとも
かな ゐあかして きみをばまたむ ぬばたまの わがくろかみに しもはふるとも
英語(ローマ字) ゐAKASHITE KIMIWOBAMATAMU NUBATAMANO WAGAKUROKAMINI SHIMOHAFURUTOMO
夜が明けるまでこのままずっとあなたを待っています。この私の黒髪に霜が降りようとも。
左注 右一首古歌集中出
校異 乃 能 [金][紀]
用語 相聞、仁徳天皇、作者:磐姫皇后、律令、情詩、閨房詩、或本歌、古歌集、大阪、伝承、仮託、恋情、女歌、枕詞
タイトルとURLをコピーしました