万葉集 第2巻 90番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻90番歌はこちらにまとめました。

第2巻 90番歌

第2巻
歌番号 90番歌
作者 磐姫皇后
題詞 古事記曰 軽太子奸軽太郎女 故其太子流於伊豫湯也 此時衣通王 不堪戀<慕>而追徃時歌曰
原文 君之行 氣長久成奴 山多豆乃 迎乎将徃 待尓者不待
訓読 君が行き日長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ
かな きみがゆき けながくなりぬ やまたづの むかへをゆかむ まつにはまたじ
英語(ローマ字) KIMIGAYUKI KENAGAKUNARINU YAMATADUNO MUKAHEWOYUKAMU MATSUNIHAMATAJI
あなたが旅立たれてから随分日が経ちました。山を訪ねてお迎えに行こうかしら、ここでじっと待つのは絶えきれないので。
左注 右一首歌古事記与類聚<歌林>所説不同歌主亦異焉 因檢日本紀曰難波高津宮御宇大鷦鷯天皇廿二年春正月天皇語皇后納八田皇女将為妃 時皇后不聴 爰天皇歌以乞於皇后云々 卅年秋九月乙卯朔乙丑皇后遊行紀伊國到熊野岬 取其處之御綱葉而還 於是天皇伺皇后不在而娶八田皇女納於宮中時皇后 到難波濟 聞天皇合八田皇女大恨之云々 亦曰 遠飛鳥宮御宇雄朝嬬稚子宿祢天皇廿三年春<三>月甲午朔庚子 木梨軽皇子為太子 容姿佳麗見者自感 同母妹軽太娘皇女亦艶妙也云々 遂竊通乃悒懐少息 廿四年夏六月御羮汁凝以作氷 天皇異之卜其所由 卜者曰 有内乱 盖親々相奸乎云々 仍移太娘皇女於伊<豫>者 今案二代二時不見此歌也
校異
用語 相聞、仁徳天皇、作者:磐姫皇后、律令、情詩、閨房詩、古事記、異伝、玉台新詠、軽皇女、大阪、伝承、仮託、恋情、女歌、植物、枕詞、伝誦
タイトルとURLをコピーしました