万葉集 第2巻 91番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻91番歌はこちらにまとめました。

第2巻 91番歌

第2巻
歌番号 91番歌
作者 天智天皇
題詞 近江大津宮御宇天皇代 [天命開別天皇 謚曰天智天皇] / 天皇賜鏡王女御歌一首
原文 妹之家毛 継而見麻思乎 山跡有 大嶋嶺尓 家母有猿尾 [一云 妹之當継而毛見武尓] [一云 家居麻之乎]
訓読 妹が家も継ぎて見ましを大和なる大島の嶺に家もあらましを [一云 妹があたり継ぎても見むに] [一云 家居らましを]
かな いもがいへも つぎてみましを やまとなる おほしまのねに いへもあらましを [いもがあたり つぎてもみむに][いへをらましを]
英語(ローマ字) IMOGAIHEMO TSUGITEMIMASHIWO YAMATONARU OHOSHIMANONENI IHEMOARAMASHIWO [IMOGAATARI TSUGITEMOMIMUNI][IHEWORAMASHIWO]
あなたの家をずっと見ていたいものだ。大和の、あの大島の嶺に家でもあったらなあ。
左注
校異
用語 相聞、作者:天智天皇、鏡王女、見る、国見、異伝、贈答、歌垣、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました