万葉集 第2巻 130番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻130番歌はこちらにまとめました。

第2巻 130番歌

第2巻
歌番号 130番歌
作者 長皇子
題詞 長皇子与皇弟御歌一首
原文 丹生乃河 瀬者不渡而 由久遊久登 戀痛吾弟 乞通来祢
訓読 丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ね
かな にふのかは せはわたらずて ゆくゆくと こひたしわがせ いでかよひこね
英語(ローマ字) NIFUNOKAHA SEHAWATARAZUTE YUKUYUKUTO KOHITASHIWAGASE IDEKAYOHIKONE
丹生の川瀬を渡らずにいるので恋しさに悶々としています。さあ弟よ。渡っておいでよ。
左注
校異
用語 相聞、作者:長皇子、弓削皇子、弟、恋情、川渡り、同性、恋歌、地名、贈答
タイトルとURLをコピーしました