万葉集 第2巻 86番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻86番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 86番歌

第2巻
歌番号86番歌
作者磐姫皇后
題詞(相聞 / 難波高津宮御宇天皇代 [大鷦鷯天皇 謚曰仁徳天皇] / 磐姫皇后思天皇御作歌四首)
原文如此許 戀乍不有者 高山之 磐根四巻手 死奈麻死物<呼>
訓読かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根しまきて死なましものを
かなかくばかり こひつつあらずは たかやまの いはねしまきて しなましものを
英語(ローマ字)KAKUBAKARI KOHITSUTSUARAZUHA TAKAYAMANO IHANESHIMAKITE SHINAMASHIMONOWO
こんな風にしてじっと待ち焦がれてなどいないで、高山の磐の根元を枕にして死んでしまいたい。
左注
校異乎 呼 [金]
用語相聞、仁徳天皇、作者:磐姫皇后、律令、情詩、閨房詩、大阪、伝承、仮託、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました