万葉集 第2巻 111番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻111番歌はこちらにまとめました。

第2巻 111番歌

第2巻
歌番号 111番歌
作者 弓削皇子
題詞 幸于吉野宮時弓削皇子贈与額田王歌一首
原文 古尓 戀流鳥鴨 弓絃葉乃 三井能上従 <鳴><濟>遊久
訓読 いにしへに恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行く
かな いにしへに こふるとりかも ゆづるはの みゐのうへより なきわたりゆく
英語(ローマ字) INISHIHENI KOFURUTORIKAMO YUDURUHANO MIゐNOUHEYORI NAKIWATARIYUKU
遠い昔を恋い焦がれる鳥であろうか。ユズリハの花が咲いている御井の上を鳴きながら渡って行く。
左注
校異 <> 鳴 [西(右書)][元][金] / 渡 濟 [元][金]
用語 相聞、作者:弓削皇子、額田王、懐古、動物、贈答、吉野、行幸、動物、植物、持統
タイトルとURLをコピーしました