万葉集 第2巻 123番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻123番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 123番歌

第2巻
歌番号123番歌
作者三方沙弥
題詞三方沙弥娶園臣生羽之女未經幾時臥病作歌三首
原文多氣婆奴礼 多香根者長寸 妹之髪 此来不見尓 掻入津良武香 [三方沙弥]
訓読たけばぬれたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか [三方沙弥]
かなたけばぬれ たかねばながき いもがかみ このころみぬに かきいれつらむか
英語(ローマ字)TAKEBANURE TAKANEBANAGAKI IMOGAKAMI KONOKOROMINUNI KAKIIRETSURAMUKA
束ねれば濡れたように美しく光り、束ねなくて長いままでも美しい彼女の髪。最近病で見ないが、くしけずっているだろうか。
左注
校異
用語相聞、作者:三方沙弥、園臣生羽女、恋歌、心配
タイトルとURLをコピーしました