万葉集 第2巻 122番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻122番歌はこちらにまとめました。

第2巻 122番歌

第2巻
歌番号 122番歌
作者 弓削皇子
題詞 (弓削皇子思紀皇女御歌四首)
原文 大船之 泊流登麻里能 絶多日二 物念痩奴 人能兒故尓
訓読 大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人の子故に
かな おほぶねの はつるとまりの たゆたひに ものもひやせぬ ひとのこゆゑに
英語(ローマ字) OHOBUNENO HATSURUTOMARINO TAYUTAHINI MONOMOHIYASENU HITONOKOYUゑNI
港に停泊した船が波に揺られる様に似て、私は物思いに揺れる日々を送る内に痩せてしまった。あなたが人妻故に。
左注
校異
用語 相聞、作者:弓削皇子、紀皇女、恋歌
タイトルとURLをコピーしました