万葉集 第2巻 112番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻112番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 112番歌

第2巻
歌番号112番歌
作者額田王
題詞額田王奉和歌一首 [従倭京進入]
原文古尓 戀良武鳥者 霍公鳥 盖哉鳴之 吾<念>流<碁>騰
訓読いにしへに恋ふらむ鳥は霍公鳥けだしや鳴きし我が念へるごと
かないにしへに こふらむとりは ほととぎす けだしやなきし あがもへるごと
英語(ローマ字)INISHIHENI KOFURAMUTORIHA HOTOTOGISU KEDASHIYANAKISHI AGAMOHERUGOTO
遠い昔を恋い焦がれる鳥はホトトギスでしょうね。きっと哀しく鳴いているでしょうね。ずっと私が昔を思い続けているように。
左注
校異戀 念 [元][金][類][紀] / 其 碁 [紀]
用語相聞、作者:額田王、弓削皇子、贈答、懐古、吉野、行幸、動物、持統
タイトルとURLをコピーしました