万葉集 第2巻 160番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻160番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 160番歌

第2巻
歌番号160番歌
作者持統天皇
題詞一書曰天皇崩之時太上天皇御製歌二首
原文燃火物 取而L而 福路庭 入澄不言八面 智男雲
訓読燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずやも智男雲
かなもゆるひも とりてつつみて ふくろには いるといはずやも ***
英語(ローマ字)MOYURUHIMO TORITETSUTSUMITE FUKURONIHA IRUTOIHAZUYAMO ***
燃える火さえ包んで袋に入れるというではないか、私も棺に入って直にお逢いしたい。
左注
校異澄 [古] 登 (塙) 燈
用語挽歌、作者:持統天皇、天武天皇、難解、難訓、一書
タイトルとURLをコピーしました