万葉集 第2巻 133番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻133番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 133番歌

第2巻
歌番号 133番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((柿本朝臣人麻呂従石見國別妻上来時歌二首[并短歌])反歌二首)
原文 小竹之葉者 三山毛清尓 乱友 吾者妹思 別来礼婆
訓読 笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば
かな ささのはは みやまもさやに さやげども われはいもおもふ わかれきぬれば
英語(ローマ字) SASANOHAHA MIYAMAMOSAYANI SAYAGEDOMO WAREHAIMOOMOFU WAKAREKINUREBA
笹の葉がみ山にざわざわと揺れて騒ぐように、私は石見に残してきた彼女が心残りでたまらない。
左注
校異
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、依羅娘子、離別、石見相聞歌、上京、地方官、島根、悲別
タイトルとURLをコピーしました