万葉集 第2巻 139番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻139番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 139番歌

第2巻
歌番号139番歌
作者柿本人麻呂
題詞((柿本朝臣人麻呂従石見國別妻上来時歌二首[并短歌])或本歌一首[并短歌])反歌一首
原文石見之海 打歌山乃 木際従 吾振袖乎 妹将見香
訓読石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
かないはみのうみ うつたのやまの このまより わがふるそでを いもみつらむか
英語(ローマ字)IHAMINOUMI UTSUTANOYAMANO KONOMAYORI WAGAFURUSODEWO IMOMITSURAMUKA
ああここは石見の海の打歌(うつた)の山、その木の間より私はさかんに袖を振っているが、彼女は見てくれているだろうか。
左注右歌躰雖同句々相替 因此重載
校異
用語相聞、作者:柿本人麻呂、依羅娘子、離別、石見相聞歌、上京、地方官、異伝、推敲、島根、地名、悲別
タイトルとURLをコピーしました