万葉集 第2巻 140番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻140番歌はこちらにまとめました。

第2巻 140番歌

第2巻
歌番号 140番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂妻依羅娘子与人麻呂相別歌一首
原文 勿念跡 君者雖言 相時 何時跡知而加 吾不戀有牟
訓読 な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむ
かな なおもひと きみはいへども あはむとき いつとしりてか あがこひずあらむ
英語(ローマ字) NAOMOHITO KIMIHAIHEDOMO AHAMUTOKI ITSUTOSHIRITEKA AGAKOHIZUARAMU
そんなに思い悩むなとあなたはおっしゃるけれど、いつ逢えるか分からないのに恋わずにいられましょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、依羅娘子、離別、石見相聞歌、上京、地方官、島根、地名、悲別
タイトルとURLをコピーしました