万葉集 第2巻 182番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻182番歌はこちらにまとめました。

第2巻 182番歌

第2巻
歌番号 182番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 鳥M立 飼之鴈乃兒 栖立<去>者 檀岡尓 飛反来年
訓読 鳥座立て飼ひし雁の子巣立ちなば真弓の岡に飛び帰り来ね
かな とぐらたて かひしかりのこ すだちなば まゆみのをかに とびかへりこね
英語(ローマ字) TOGURATATE KAHISHIKARINOKO SUDACHINABA MAYUMINOWOKANI TOBIKAHERIKONE
鳥小屋を作って飼っていた雁の子よ、巣立っていったなら、(今、皇子がいる)真弓の岡に飛んで帰っていらっしゃい。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異 M [類][紀] 垣 / <> 去 [西(右書)][類][紀]
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、真弓岡、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました