万葉集 第2巻 175番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻175番歌はこちらにまとめました。

第2巻 175番歌

第2巻
歌番号175番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文夢尓谷 不見在之物乎 欝悒 宮出毛為鹿 佐日之<隈>廻乎
訓読夢にだに見ずありしものをおほほしく宮出もするかさ桧の隈廻を
かないめにだに みずありしものを おほほしく みやでもするか さひのくまみを
英語(ローマ字)IMENIDANI MIZUARISHIMONOWO OHOHOSHIKU MIYADEMOSURUKA SAHINOKUMAMIWO
こんなことになるとは夢にも思わなかったのに。重苦しく、真弓の岡の東側の桧の隈に警護に出仕することになってしまった。
左注(右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異隅 隈 [金][紀]
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました